あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ウスバカミキリ ♀

f:id:akebo-nobashi:20140726201940j:plain

撮影: 2014年7月25日 東京都文京区

公園のササの葉にとまっていた、焦げ茶色で大型のカミキリムシ。コウチュウ目カミキリムシ科ノコギリカミキリ亜科のウスバカミキリだ。体の後ろから産卵管が出ているので、メスだろう。カメラを近付けても動かず、余り元気が無い。少し離れた場所でもう1頭見かけたが、そちらは死んでいた。昨日の雷雨で、木から落とされたのかもしれない。

全国的に普通種の様だが、過去に住んだ山口県、福岡県、そして東京でも殆んど見た記憶が無い。夜行性という事もあるが、夜行性の昆虫でも灯りに寄って来たところや、日中たまたま目に付くところにいるのを見る事がある。殆んど見ないという事は、数が少ないのだろう。