あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

石神井公園駅

f:id:akebo-nobashi:20140707200908j:plain

撮影: 2014年7月2日 東京都練馬区

西武池袋線石神井公園駅。近代的でモダンなデザインだ。前回利用したのが何年前だったか記憶に無いが、もっと古くてごちゃごちゃしていた印象がある。勘違いだろうか。検索すると、線路や駅の高架化や南口の再開発に関する情報が見つかるが、記憶の中のイメージと結び付かない。

東京は鉄道が網の目の様に通っているし、駅間が近く、面で発達しているので、行きに降りた駅を帰りも利用する事は多くない。駅で降りて、買い物をしながら別の駅まで歩くというのが普通だ。石神井公園駅で降りた事は何度もあるが、乗ったのは今回が初めて。駅に向かって歩くのが初めてなので、今までのイメージと違ったのかもしれない。

石神井公園駅から池袋方面に向かう電車は、そのまま西武池袋線を走る池袋行きの他に、東京メトロ有楽町線の新木場行き、東京メトロ副都心線東急東横線みなとみらい線経由の元町中華街行きがある。どれに乗っても池袋駅に行けるが、別路線なので電車が着く場所は別々。練馬から線路が分かれるので駅も違う。更に、並行して東武東上線が走っていて、同じ様に有楽町線副都心線に乗り入れているので、池袋の西側の鉄道は複雑だ。