あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ムラサキナガカメムシ

f:id:akebo-nobashi:20140702200600j:plain

撮影: 2014年7月1日 東京都新宿区

ベランダのコンクリートにとまっていた小型のカメムシ。翅の透明な部分に光が反射して、最初はハエの仲間かと思ったが、よく見るとカメムシだった。カメムシ目マダラナガカメムシ科のムラサキナガカメムシだ。赤茶色に見えるが、翅の一部に紫がかって見える部分もある。光線の加減で判り難いが、透明な翅が体の後ろに少し出ている。体長5mm程度なので、肉眼では模様は全く判らない。