あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

青い空と海のビール Weizen

f:id:akebo-nobashi:20140621201045j:plain

撮影: 2014年6月21日 東京都新宿区

ローソンに行ったら、ヘリオスブルワリーのビールが置いてあったので買ってきた。値段は、307円(税込)。別のローソンでも見かけたので、夏に向けて流通している様だ。『ドイツタイプの小麦ビール』と書いてある。ヘリオスブルワリーは、沖縄の地ビールメーカーで、本社は名護市にある。このブログでは、過去に『GOYA DRY』と『天使の RED ALE』を載せたが、魅力的なビールを造っている会社だ。

色は、黄色がかった薄茶色で濁っている。小麦のビール特有の香りがする。味は、甘味があり苦味は殆んど感じない。後味はかなり続き、小麦のフルーティでキリッとした風味と酵母の独特の風味が時間をかけて弱まっていく。美味しい。暑い季節の午後、明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5%、内容量は350ml。