あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

アオカミキリモドキ

f:id:akebo-nobashi:20140611201855j:plain

撮影: 2014年6月10日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀にいたカミキリムシ風の甲虫。コウチュウ目カミキリモドキ科ナガカミキリモドキ亜科のアオカミキリモドキの様だ。カトウカミキリモドキというよく似た種がいて、図鑑によれば腹端で区別できる。腹端が写っている写真を拡大してみたところ、切込みやへこみは見えないのでアオカミキリモドキとしたが、角度の関係で見えないだけかもしれないので、間違っているかもしれない。

アオカミキリモドキの体液にはカンタリジンが含まれていて、皮膚につくと炎症を起こすらしい。日本にいるカミキリモドキ科約40種のうち、21種がカンタリジンを持っているとの事。触らなくてよかった。都心部では余り見ない昆虫だ。