あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

マエキヒメシャク

f:id:akebo-nobashi:20140523195503j:plain

撮影: 2014年5月20日 東京都新宿区

公園の草の葉にとまっていた小型の白いガ。チョウ目シャクガ科ヒメシャク亜科のマエキヒメシャクの様だ。似たものが多く種名が判り難いヒメシャクだが、これは全体的に黒い鱗粉があり、後翅が直線的で角が尖っているという事から、マエキヒメシャクで合っていると思う。

マエキヒメシャクによく似たものに、ウスキクロテンヒメシャクがいる。ウスキクロテンヒメシャクは去年の9月20日に載せているが、その時もどちらか迷った。今日のものはマエキヒメシャクでいいと思うのだが、前回のものはよく判らなくなってきた。まあ、その時の感覚を信じる事にしよう。