あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ホソオビヒゲナガ

f:id:akebo-nobashi:20140519205050j:plain

撮影: 2014年5月19日 東京都港区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた小さな金色のガ。チョウ目ヒゲナガガ科ヒゲナガガ亜科のホソオビヒゲナガだ。ヒゲナガという名前の通り、触角が長い。根元付近は黒いが、その先は白く変わって長く伸びている。写真では判り難いが、左と上からはみ出している。触角が特徴なのだが、動かしているのと背景が灰色のコンクリートという事から、殆んど見えない。

このガは昼に活動する。夜活動するガは、日中は動かない事が多いので写真に撮るのが楽なのだが、昼活動するガはチョウと同じで近付くと逃げるので撮影が難しい。このガも何度か見かけたが、なかなかいい写真が撮れなかった。この写真も触角がよく見えないのでいいとはいえないが、翅の形や模様は判る。