あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

NHK菖蒲久喜ラジオ放送所

f:id:akebo-nobashi:20140508205954j:plain

撮影: 2014年5月8日 埼玉県久喜市

埼玉県久喜市にあるNHK菖蒲久喜ラジオ放送所。右にあるのは第1放送所でコールサイン JOAK、周波数 594kHz、出力 300kW、アンテナの高さ 245m。左にあるのは第2放送所でコールサイン JOAB、周波数 693kHz、出力 500kW、アンテナの高さ 215m。どちらも先端にキャパシティハットが付いている。日本で最大規模のAMラジオ送信所だ。

第2放送の500kWは日本のAM放送の最大出力で、ここの他に札幌、秋田、熊本の第2放送が500kWだ。民放のTBSラジオ文化放送ニッポン放送は100kWなので、5倍になる。そのせいか、送信所は遠い(ニッポン放送は木更津なのでほぼ同じ距離だが)がノイズも無くよく聞こえる。第1放送の300kWも強力だ。