あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

頸城三山

f:id:akebo-nobashi:20140426204104j:plain

撮影: 2014年4月24日 新潟県上越市

ほくほく線のくびき駅と犀潟駅の間、上越市頸城区潟を走行中の特急はくたかの車内から撮影した頸城三山。左端の高いところが妙高山 2,454m、中央より少し右の尖ったところが火打山 2,462m、その右にある山が焼山 2,400mの様だ。空気が霞んでいるので山と空とのコントラストがイマイチだが、山の形はほぼ判る。山のある景色はいいものだ。

山の中を走りトンネルの多いほくほく線だが、この辺りは高田平野を走る。上越コシヒカリの他に、くびき牛という牛肉の産地だ。もう少し進むと線路はJR東日本信越本線に合流する。次の停車駅は直江津で、それ以降はJR西日本北陸本線だ。電車の乗務員も変わる。その先、市振駅までが新潟県で、越中宮崎駅から富山県になる。駅間にある大平川が県境だ。