あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

会津田島駅

f:id:akebo-nobashi:20140409205340j:plain

撮影: 2014年4月9日 福島県南会津郡南会津町

東武鉄道の浅草駅を午前8時10分に出発する快速会津田島行きに乗ると、午前11時43分に会津鉄道会津田島駅に着く。ここまでが電化されている区間なので、浅草からの直通電車が走っている。浅草から新藤原までが東武鉄道、新藤原から会津高原尾瀬口までが野岩鉄道会津高原尾瀬口から会津田島までが会津鉄道になる。ここで会津若松行きに乗換えると、浅草から1回の乗換えで会津若松まで行ける。浅草を6輌編成で出発するが、ここまで来るのは前寄りの2輌だけだ。

会津若松行きは、写真の通り1輌編成のワンマンカー。乗る時に整理券を取り、降りる時に料金を払う、バスと同じ方式だ。ここから西若松までが会津鉄道西若松から会津若松まではJR東日本只見線になる。会津鉄道は、以前は国鉄会津線だった第三セクター方式の鉄道会社だ。

野岩鉄道PASMOに加入していないので、Suicaでは東武鉄道の新藤原までしか行けない。浅草駅の自動券売機では西若松までの切符を買う事ができ、値段は4,490円。窓口に行けば会津若松までの通しの切符を買う事が出来るらしい。値段は、4,680円。