あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

シロトゲエダシャク

f:id:akebo-nobashi:20140318205410j:plain

撮影: 2014年3月18日 東京都品川区

細い路地沿いのコンクリートの塀にとまっていた白っぽい灰色のガ。チョウ目シャクガ科エダシャク亜科のシロトゲエダシャクだ。名前に『フユ』が入っていないが冬尺蛾で、メスには小さな翅しかない。早春のガが現われ始める頃になって出てくる。全国的に普通に見られる種の様だが、都心部では滅多に見ない。山手線の内側では初めて見た。