あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

シロテンエダシャク

f:id:akebo-nobashi:20140311202603j:plain

撮影: 2014年3月11日 東京都港区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた灰色のガ。チョウ目シャクガ科エダシャク亜科のシロテンエダシャクだ。春に現われるガで、毎年3月と4月に見かける。現われる期間が長い事もあって、結構見る。名前の通り、翅に白い部分があるのが特徴だが、白い点がくっきりと見える訳ではない。個体によってはもっとはっきり見えるものもいるが、大体こんな感じだ。白い点が殆んど判らない個体もいる。