読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

キジ

f:id:akebo-nobashi:20140306183541j:plain

撮影: 2014年3月6日 さいたま市緑区

さいたま市緑区の道を歩いていたら、道路沿いのやぶの中で鳥の様なものが動いた。カラスかと思ってよく見ると、オスのキジだった。急いでカメラを取り出したが、木の枝が多い場所に歩いて行ったので、全身をきちんと写すことが出来なかった。それでも半分以上写っているし、特徴のある赤い顔やきれいな羽が見えるので載せる事にした。今日載せておかないと、次にキジに出会うのはいつになるか判らない。

キジは、キジ目キジ科の鳥。日本の国鳥で、名前は誰でも知っているはずだ。だが、実際に目にする事は少ない。都心部では見た事が無いが、『山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥』にはあきる野市と多摩市で撮影された写真が載っているので、都内でも郊外にはいるのだろう。メスは、茶色と白の目立たない色だ。