あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

タマバエの一種

f:id:akebo-nobashi:20140221205506j:plain

撮影: 2014年2月19日 東京都新宿区

ベランダのガラス戸にとまっていたハエ目の昆虫。目測で体長5mm程度。最初はユスリカの仲間かと思ったが、よく見ると違う。翅脈や触角の様子からタマバエ科の一種の様だが、それ以上の事は判らない。名前にハエと付いているがハエ亜目(短角亜目)ではなく、カ亜目(長角亜目)に属する。見た目もカに似ている。

ベランダのガラス戸にはいろんな虫がやってくる。いつの間にか飛んできてとまっているので、いつでも写真が撮れる様、できるだけきれいにしておこうと思っている。今回の写真は、ガラスを拭いた直後なのでゴミは写っていない。雪や雨が続くと、ガラスの汚れを取るのが面倒だ。