あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒメコバネナガカメムシ

f:id:akebo-nobashi:20140201212402j:plain

撮影: 2014年2月1日 東京都港区

公園の木の皮の下で集団越冬していた小さなカメムシ。11頭いる。カメムシ目コバネナガカメムシ科のヒメコバネナガカメムシの様だ。集団になって寒さを防いでいるのだろうか。或いは、寒さを防げる場所を探していたら、偶然同じ場所にたどり着いたのかもしれない。

同じ木に何か所も集団があったので、かなりの数のカメムシが越冬している様だ。だが、暖かい時期に活動中のものを殆んど見た事がない。記録に残しているのは、2011年5月22日にベランダのガラス戸にとまっている成虫を1度見ただけ。ネットで調べてみたが、生態の詳細はよく判っていない様だ。