読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

月と金星

その他

f:id:akebo-nobashi:20140129212048j:plain

撮影: 2014年1月29日 東京都新宿区

午前6時18分の南東の空。明るくなり始めた空に、細い月と金星が並んで輝いている。空がこの明るさになると、他の星は見えない。この時刻の月齢は27.4。次の朔は、1月31日の午前6時39分なので、明日は殆んど見えないだろう。

去年の暮れには夕方の西の空に見えていた金星だが、1月11日の内合を過ぎて、明けの明星に変わった。今はかなり高い位置に見える様になった。望遠鏡で見れば、金星も今日の月と同じ様な三日月型をしているはずだが、この写真の大きさではそこまでは判らない。3月には水星が西方最大離角になるので、タイミングが合えば月、金星、水星が接近した写真が撮れるかもしれない。