あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒロバフユエダシャク

f:id:akebo-nobashi:20140126213003j:plain

撮影: 2014年1月25日 東京都新宿区

道路沿いの寺の囲いの塀にとまっていた冬尺蛾。チョウ目シャクガ科エダシャク亜科のヒロバフユエダシャクだ。冬尺蛾のシーズンの終わり近くに現われる。過去の記録を確認すると2月に見る事が多く、1月には殆んど見ていない。このガを見ると、そろそろ早春のガの季節が近づいた事を感じる。幼虫は桜を食べるので、桜の木が植えてある公園でよく見る。ただ、オスに比べてメスは余り見ない。交尾しているところは見た事が無い。