あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

薫り華やぐヱビス

f:id:akebo-nobashi:20140121210115j:plain

撮影: 2014年1月21日 東京都新宿区

1月22日から数量限定発売のヱビスのビール。値段は、サンクスで259円(税込)。去年に続いての発売の様だが、去年は発売を知らなかったので飲んでいない。缶には"Joël Robuchon"と書いてある。フレンチのジョエル・ロブションと共同開発したものの様だ。ジョエル・ロブションの店は、タイユバン・ロブションの時代からガーデンプレイスにあって、恵比須のサッポロビールとは縁が深い。

色は平均的なゴールドで透明。グラスに注ぐと、ホップのフルーティな香りが広がる。味は、苦味はあり甘味もある。後味は長く続き、苦味が強くなったり弱くなったりしながら長い時間をかけて消えていく。ホップの風味が印象的だ。華やかな味で美味しい。つまみ無しで、ビールだけを味わいたい。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5%、内容量は350ml。100ml当たり栄養成分は、エネルギー 44kcal、たんぱく質 0.3-0.7g、脂質 0g、糖質 3.1g、食物繊維 0-0.2g、ナトリウム 0mg。