あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ハガタクチバ

f:id:akebo-nobashi:20140105180453j:plain

撮影: 2014年1月1日 東京都品川区

細い路地のコンクリート塀にとまっていたガ。チョウ目ヤガ科シタバガ亜科のハガタクチバだ。触ったら翅を動かしたが、飛ぶほどの元気は無い様だった。本来、真冬に現われるガではない。『みんなで作る日本産蛾類図鑑』では、成虫出現月は3-10月になっている。過去の記録を見ても、4月にしか見ていない。12月に寒い日が続いた後、少し気温が高くなったので、春が来たと勘違いして羽化したのかもしれない。

撮影した場所は品川区と書いたが、品川区と港区の境界付近なので、もしかしたら港区かもしれない。まあ、普通種なのでどちらだろうが大した違いは無い。