あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

鰍沢口駅

f:id:akebo-nobashi:20131231184120j:plain

撮影: 2013年12月30日 山梨県南巨摩郡富士川町

JR東海身延線の駅だ。甲府から身延線に乗って13駅目。身延駅管理の無人駅だが、特急ふじかわも含め、全ての列車が停車する。各駅停車は、富士行きの他に、鰍沢口止まりがある。富士行きと鰍沢口行きが半々位だろうか。甲府盆地の南の端に位置し、甲府から各駅停車で約40分なので、この辺りまでが甲府への通勤圏という事だろうか。甲府駅JR東日本の管轄でSuicaが使えるが、身延線JR東海になるので使えない。鰍沢口駅はTOICAエリアにも入っていない。Suicaエリアから行く場合は、事前によく調べておかないと面倒だ。

写真は鰍沢口駅の駅舎。低い所から見上げた様な感じに写っているが、実際に目で見た感じは平らな場所だった。カメラのワイド端で撮ったので、歪みのせいでそう見えるのかもしれない。トリミングはしていない。ちょっと気になるが、まあいい事にしよう。

尚、Wikipediaなどで調べると判る様に、鰍沢口駅の駅舎は山梨県西八代郡市川三郷町にある。このブログでは、撮影場所は撮影した場所、つまりカメラの場所を書く事にしているので、上の通り山梨県南巨摩郡富士川町とした。写真に写っている駅前広場の真ん中辺りに境界線があって、手前が富士川町、向こう側が三郷町だ。