あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

白河駅

f:id:akebo-nobashi:20131225211934j:plain

撮影: 2013年12月23日 福島県白河市

JR東日本東北本線白河駅。駅の開業は1887年、現在の駅舎は1920年(1921年という情報もある)に建てられた木造平屋建てとの事。大正モダン風建築と呼ぶのだろうか。木造だが、デザインは近代風に仕上げてある。『東北の駅百選』に選ばれたとの事。いい雰囲気が出ている。隣の新白河駅の、個性の無い単調なデザインとは対照的だ。

白河駅から南に6駅めの黒磯駅まではSuicaの首都圏エリアになる。また、北に3駅めの矢吹駅は、仙台エリアだ。白河駅は、どちらのエリアからも外れている。ただ、仮にエリアが接していたとしても、エリアをまたがった利用はできないので、少し不便な地域になるだろう。JR東日本の範囲は1つのエリアになって、自由にSuicaで乗車できる様になってほしいが、駅の数が多いだけに難しいのかもしれない。