あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

コガモ

f:id:akebo-nobashi:20131218210510j:plain

撮影: 2013年12月15日 東京都新宿区

市ヶ谷濠のコンクリートで水面を眺めている小型のカモ。カモ目カモ科のコガモの様だ。コガモといっても子供の鴨ではなく、コガモという種名だ。冬鳥で、全国で普通に見られる。カモ類の中では日本最小らしい。頭が茶色と緑なのでオスの成鳥。メスは、全身が茶色だ。ただし、日本に飛んでくる時は、オスもメスと同じ様な姿らしい。

市ヶ谷濠の水は、写真でも判る通り余りきれいではない。たまにコイや亀の姿を見る事はあるが、エサになるものがあるのかどうか判らない。空から探せばもっと環境の良い場所がありそうな気がする。多分、不忍池の方が快適ではないかと思う。なぜこんな場所にいるのか謎だ。