あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

クロスジフユエダシャク

f:id:akebo-nobashi:20131214175054j:plain

撮影: 2013年12月14日 東京都文京区

昨日に続いて冬尺蛾。チョウ目(鱗翅目)シャクガ科エダシャク亜科のクロスジフユエダシャクだ。広葉樹の落ち葉の上をひらひらと飛んでいたので、追いかけてとまったところを撮影。昼行性なので、飛び回ってなかなか撮らせてくれない。多摩地区などではよく見られるらしいが、都心部では場所が限られる。

落ち葉の上を飛んでいるのは、メスを探すため。どこかにいるはずだが、一面の落ち葉の中にいるメスを探すのは大変だ。飛んでいるオスを追いかけて、メスに近づいたところを探すのがいいかもしれない。ただ、写真の通りオスの翅の模様は落ち葉とよく似ているので、飛ぶのを止めて歩き始めると、見つけるのに苦労する。