あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

木星

f:id:akebo-nobashi:20131211210247j:plain

撮影: 2013年12月11日 東京都新宿区

午後7時55分の東の空。木星が明るく輝いている。夕方、西の空を見ると金星が眩しいが、金星が沈んだ頃、東の空に木星が昇ってくる。金星が-4.7等級、木星が-2.6等級なので明るさはかなり違うが、他の星よりはずっと明るい。木星の左に2つ写っているのはふたご座の星で、下が1等星のポルックス、上が2等星のカストル。写真の右下の隅に写っているのは、東京スカイツリーだ。

今の時期、早朝に火星と土星、夕方は金星、夜には木星が見える。水星は太陽に近い時期なので見えないが、惑星を観察するにはいい時期だ。ラブジョイ彗星は未だ見つけられないが、空気が澄んだ日には見えるだろう。