あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

フサヤガ

f:id:akebo-nobashi:20131205214212j:plain

撮影: 2013年12月2日 東京都文京区

公園の囲いの白壁にとまっていた、尻尾の先を持ち上げた独特のポーズのガ。チョウ目(鱗翅目)ヤガ科フサヤガ亜科のフサヤガの様だ。よく似た種に、コフサヤガがいる。大きさから判断してフサヤガだと思うが、大きさは個体差があるので間違っているかもしれない。

このガは成虫で越冬するので、冬に見る事が多い。過去の記録を見ると、1月から3月によく見ている。幼虫は、ウルシ科やブナ科を食べるらしい。都心でも結構見かけるガだ。