あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

フトジマナミシャク

f:id:akebo-nobashi:20131202205237j:plain

撮影: 2013年11月30日 東京都港区

道路沿いの中学校の金属製の囲いにとまっていた落ち着いた色使いのガ。チョウ目(鱗翅目)シャクガ科ナミシャク亜科のフトジマナミシャクだ。頭を隅に押し付ける様な体勢だ。隙間にもぐり込もうとしたが、出来なかったのだろう。昼間のガは、こういうとまり方をしている事が多い。暗い所が好きなのだろう。

『みんなで作る日本産蛾類図鑑』によれば、このガの成虫出現時期は6-7月と9-11月。秋のかなり遅い時期まで見られる。都心部では、多くはないが時々見かける。