あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

オカボキバラアブラムシ

f:id:akebo-nobashi:20131124195128j:plain

撮影: 2013年11月24日 東京都千代田区

遊歩道脇の雑草の葉にいたアブラムシ。翅の黒い模様に特徴がある。『アブラムシ入門図鑑』で見ると、カメムシ目(半翅目)アブラムシ科ミズキヒラタアブラムシ亜科のオカボキバラアブラムシによく似ている。ただ、図鑑によると『一次寄主のミズキ・クマノミズキから二次寄主のイネ科植物の根に移住する』となっているが、とまっていたのはミズキでもイネ科でもない。有翅型なので、移動中だったのかもしれないが、同じ雑草に3匹いた。何か意味がある植物なのかもしれない。

ネットで調べてみると、オカボキバラアブラムシとよく似たミズキヒラタアブラムシというのもいる様な記述が見つかる。どうもよく判らないが、図鑑に出ていたオカボキバラアブラムシにしておく。