あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ムラクモハマダラミバエ

f:id:akebo-nobashi:20131123193815j:plain

撮影: 2013年11月22日 東京都新宿区

公園の桜の木の幹にとまっていたハエ。ハエ目(双翅目)ミバエ科ハマダラミバエ亜科のムラクモハマダラミバエの様だ。尻尾の先が尖ってないのでオス。ミバエの仲間は、ハエの中では形や翅の模様に特徴があるものが多く、不潔感も無い。ミバエという名前を知らない人も多い。という事で、ブログのネタとしてはいい昆虫だ。ただし、逃げられる事も多い。

ムラクモハマダラミバエでググると、かなりの情報が出てくる。普通に見られる種の様だ。だが、生態はよく判っていないらしい。余り興味を持っている人がいないのだろう。