あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒマラヤスギミツボシキバガ

f:id:akebo-nobashi:20131121195812j:plain

撮影: 2013年11月18日 東京都新宿区

道路沿いの工事現場の金属製の囲いにとまっていた小さな茶色のガ。チョウ目(鱗翅目)ミツボシキバガ科のヒマラヤスギミツボシキバガに似ている。近くにヒマラヤスギが何本も生えているので、環境としては問題無い。ただ、『みんなで作る日本産蛾類図鑑』では成虫出現月が7-8月になっている点が合わない。よく判らないが、一応ヒマラヤスギミツボシキバガにしておく。Autosticha属は間違いないと思う。