あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ノコメトガリキリガ

f:id:akebo-nobashi:20131120210807j:plain

撮影: 2013年11月17日 東京都文京区

公園の囲いの白壁の塀にとまっていた茶色のガ。チョウ目(鱗翅目)ヤガ科キリガ亜科キリガ族のノコメトガリキリガだ。晩秋に現われるガで、過去の記録を確認すると、11月と12月にだけ見ている。キリガとつくガには成虫で越冬するものも多いが、このガは年内に産卵して死んでしまい、卵で越冬する様だ。都心でも結構見かける。