あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

チャタテムシの一種

f:id:akebo-nobashi:20131113200558j:plain

撮影: 2013年11月10日 東京都新宿区

道路沿いの工事現場の金属製の囲いをゆっくり歩いていた小さな茶色の昆虫。肉眼ではカメムシの仲間かと思ったが、写真を見るとチャタテムシだった。咀顎目に属する。咀顎目は、チャタテムシの他にシラミとハジラミが含まれるグループだが、余り研究が進んでいない様だ。ネットから得られる情報は少ない。

情報は少ないものの、チャタテムシを見る機会は多い。家の中に入ってくる事もあるし、外で見る事もある。だが、このチャタテムシの様に、全体が茶色一色で、模様といえるものが殆んど無いのは初めて見た。種名どころか、科も判らない。