あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

アカビロウドコガネ

f:id:akebo-nobashi:20130729213030j:plain

撮影: 2013年7月29日 東京都新宿区

今の家に住んで10年と少しになる。その間に、部屋の明かりを白熱電球、電球型蛍光灯、LED電球と変えてきた。それにつれて、部屋の中に入ってくる虫が少なくなってきた。特に、LED電球になってからは大型のガや甲虫はめったに入ってこなくなった。LED電球には虫が集まらないというのは時々耳にするが、都市伝説などではなく事実だと思う。

今日、久しぶりに少し大きめの甲虫が飛び込んできた。といっても10mm程度のサイズだが。コウチュウ目(鞘翅目)コガネムシコフキコガネ亜科のアカビロウドコガネだ。ビロウドコガネの仲間は、黒いものと赤いものをよく見るが、2種類しかいない訳ではなく、種としてはかなり多い。見分けるのが難しい仲間だ。