あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

節足動物

ナラウススジハマキホソガ

撮影: 2017年6月24日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さなガ。体を斜めにして、前脚と中脚で支える様にしている。こういうとまり方をするのは、ホソガ科の特徴だ。チョウ目ホソガ科ホソガ亜科Caloptilia属のナラウススジハマキホソガだろ…

アカフツヅリガ

撮影: 2017年6月24日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた白っぽい灰色のガ。前翅の前縁部分が赤褐色に見える。チョウ目メイガ科ツヅリガ亜科ツヅリガ族Lamoria属のアカフツヅリガの様だ。かなり模様が消えているので判り難いが、アカフ…

ホソチャタテ

撮影: 2017年6月20日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていたチャタテムシ。翅は透明、体は茶色を帯びた白で胸部に3つの濃い茶色の模様がある。咀顎目ホソチャタテ科Stenopsocus属のホソチャタテの様だ。同じ科で別属のヨツモンホソチャタテは時々…

シロスジシマコヤガ

撮影: 2017年6月17日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた茶色っぽいガ。2本の白い線がある。チョウ目ヤガ科ベニコヤガ亜科Corgatha属のシロスジシマコヤガの様だ。年1化で9月に現われるとされているが、ネットの情報を見ると6月でも珍しくない…

プライヤハマキ 夏型

撮影: 2017年6月16日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた淡黄褐色の小型のガ。チョウ目ハマキガ科ハマキガ亜科ハマキガ族Acleris属のプライヤハマキの様だ。夏型と越冬型があって、見た目がかなり違う。冬に見る事が多い気がするガだが、他の…

トビマダラメイガ

撮影: 2017年6月15日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さなガ。体を起こし、脚を折りたたんでいる。なぜこの状態で静止できるのか不思議だが、恐らく軽いからだろう。チョウ目メイガ科マダラメイガ亜科マダラメイガ族Kaurava属のトビマダ…

ホソガ科Caloptilia属の一種

撮影: 2017年6月15日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さなガ。体の頭部側を持ち上げて両脚で支えている。支えている脚は1本ではなく前脚と中脚をそろえており、後脚は体に沿って後に伸ばしている。チョウ目ホソガ科ホソガ亜科Caloptilia…

コヨツメアオシャク

撮影: 2017年6月12日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた赤い模様のある緑色のガ。チョウ目シャクガ科アオシャク亜科Comostola属のコヨツメアオシャクだ。触角がすっきりしているのでメス。2014年10月31日に載せているが、翅が少し傷んだ個体…

エグリキバガ科Acria属の一種

撮影: 2017年6月12日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた小さな茶色のガ。変わった形をしている。ぱっと見た感じは、泥がはねた汚れ。チョウ目エグリキバガ科Acria属のネズミエグリキバガかオオエグリキバガのどちらかだ。この2種は大き…

ハマキガ科Lobesia属の一種

撮影: 2017年6月9日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さなガ。茶色とグレー、黒で複雑な模様がある。チョウ目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科ヒメハマキガ族Lobesia属のどれかの様だが、種名までは判らない。この仲間は、交尾器を確認しないと…

ベニモンアオリンガ

撮影: 2017年6月9日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた黄緑色のガ。翅の中央付近に小さな赤い模様がある。チョウ目コブガ科ワタリンガ亜科Earias属のベニモンアオリンガの様だ。幼虫はツツジ類を食べるらしい。2013年9月18日に一度載せ…

キバガ科の一種

撮影: 2017年6月7日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さなグレーのガ。よく見ると、黒と茶色のラインがある。チョウ目キバガ科フサキバガ亜科Tornodoxa属のハイジロオオキバガに似ているが、ネットの写真を見ると似ていないものも多くある…

トリバガ科の一種

撮影: 2017年6月7日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた赤っぽい茶色のガ。チョウ目トリバガ科まではいいが、そこから先が判らない。『みんなで作る日本産蛾類図鑑』によく似た写真が載っていて、Capperia属かOxyptilus属のどちらかと思われる…

アトキハマキ

撮影: 2017年6月6日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた暗い茶色のガ。全体に濃い茶色の小さな線があり、翅頂に小さな模様が見える。チョウ目ハマキガ科ハマキガ亜科カクモンハマキガ族Archips属のアトキハマキの様だが、似たものがいる…

ニレキリガ

撮影: 2017年6月6日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた茶色のガ。白い線が走り、翅頂付近に白い模様がある。新鮮な個体なのか、翅に破れが無く模様がはっきりしている。チョウ目ヤガ科キリガ亜科キリガ族Cosmia属のニレキリガの様だ。…

モトキマイコガ

撮影: 2017年6月3日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小さな白っぽいガ。写真で見ると薄いグレーで、頭部から翅の付け根にかけて黄色。チョウ目ニセマイコガ科Stathmopoda属のモトキマイコガの様だ。分布は北海道、本州との事で、北海道では…

ウスバシロチョウ

撮影: 2017年6月2日 山梨県富士吉田市 公園のシロツメクサの花にとまっている白いチョウ。体には黄色と灰色の毛がある。チョウ目アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科ウスバシロチョウ属のウスバシロチョウだ。名前にシロチョウと付くが、シロチョウ科ではなくア…

チャオビヨトウ

撮影: 2017年6月1日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた茶色のガ。茶色の濃淡で模様になっている。チョウ目ヤガ科ヒメヨトウ亜科Niphonyx属のチャオビヨトウの様だ。幼虫はアサ科のカナムグラやカラハナソウを食べるらしい。

キイロクビナガハムシ

撮影: 2017年5月28日 東京都千代田区 遊歩道の金属製の柵に巻き付いたヤマノイモの葉にとまっていた赤いハムシ。頭部は黒、胸部は赤を帯びた黒で、鞘翅の点刻が目立つ。コウチュウ目ハムシ科クビボソハムシ亜科クビナガハムシ属(Lilioceris)のキイロクビナガ…

アトスジグロナミシャク

撮影: 2017年5月22日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた茶色っぽいガ。かなり模様が消えているが、チョウ目シャクガ科ナミシャク亜科Epilobophora属のアトスジグロナミシャクの様だ。シロシタトビイロナミシャクにも似ているが、前翅外縁翅頂…

ナカウスエダシャク ♂

撮影: 2017年5月22日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた暗い色のガ。チョウ目シャクガ科エダシャク亜科Alcis属のナカウスエダシャクだ。触角を見ればオスとメスが判り、これは櫛の様になっているのでオス。去年の5月19日には、メスの写…

ウコンカギバ

撮影: 2017年5月18日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた黄色のガ。チョウ目カギバガ科カギバガ亜科Tridrepana属のウコンカギバの様だ。同属にヒメウコンカギバというよく似た種がいて外見で区別するのは難しいらしいが、南方系の種で東京都本…

ヒノキカワモグリガ

撮影: 2017年5月16日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた小型のガ。肉眼でははっきり見えなかったが、写真を見ると複雑できれいな模様がある。チョウ目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科カギバヒメハマキガ族Coenobiodes属のヒノキカワモグリガの様…

アシブトヒメハマキ ♂

撮影: 2017年5月16日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた茶色っぽいガ。頭の後ろの鱗粉が盛り上がっている。チョウ目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科シンクイヒメハマキガ族Cryptophlebia属のアシブトヒメハマキの様だ。去年の11月16日にメ…

クワノメイガ

撮影: 2017年5月9日 埼玉県川口市 道路沿いのガードレールにとまっていたガ。翅に傷が無く模様もはっきりしているので、新鮮な個体だろう。チョウ目ツトガ科ノメイガ亜科ヒゲナガノメイガ族Glyphodes属のクワノメイガの様だ。名前の通り、幼虫はクワを食べる…

ウスバフタホシコケガ

撮影: 2017年4月28日 茨城県坂東市 道路沿いの木の幹にとまっていた薄茶色と白のガ。チョウ目ヒトリガ科コケガ亜科Schistophleps属のウスバフタホシコケガの様だ。分布が伊豆半島以西となっている情報もあるが、関東地方では見られる様だ。都内での記録もあ…

ユスリカの一種

撮影: 2017年4月23日 東京都新宿区 ベランダのガラス戸にとまっていた黄褐色のユスリカ。触角が短くシンプルなのでメスだろう。ハエ目ユスリカ科に属するが、そこから先は判らない。ベランダで見るユスリカは黒い体のものが圧倒的に多いが、たまに黒ではない…

ミツボシキリガ

撮影: 2017年3月20日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた、翅に白い模様がある茶色のガ。チョウ目ヤガ科キリガ亜科キリガ族Eupsilia属のミツボシキリガの様だ。同属にミツボシキリガと付くものが5種いるが、翅の色や白い模様の大きさと形から…

カバタテハ

撮影: 2017年3月10日 東京都日野市 多摩動物公園の昆虫生態園にある温室で飼育されているチョウ。チョウ目タテハチョウ科カバタテハ亜科カバタテハ属(Ariadne)のカバタテハだ。日本には生息していなかったチョウだが、今は八重山諸島の一部に定着しているら…

イシガケチョウ

撮影: 2017年2月15日 東京都足立区 足立区生物園にある大温室で、植物の葉に翅を広げてとまっているチョウ。チョウ目タテハチョウ科イシガケチョウ亜科イシガケチョウ属(Cyrestis)のイシガケチョウだ。チョウはとまった時に翅を立てる事が多いが、このチョウ…

タテハモドキ

撮影: 2017年2月7日 群馬県桐生市 『ぐんま昆虫の森』の昆虫観察館にある昆虫ふれあい温室の中にいたチョウ。チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科タテハモドキ属(Junonia)のタテハモドキだ。国内では南西諸島の他、九州本土の鹿児島県と宮崎県で見られる…

ヤマトホソヤガ

撮影: 2016年12月20日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた黒っぽいガ。頭部から背中にかけて薄い茶色の部分がある。チョウ目ヤガ科ホソヤガ亜科Lophoptera属のヤマトホソヤガの様だ。ネット上の図鑑によれば、本土における最北の産地は…

スカシヒメヘリカメムシ

撮影: 2016年12月9日 東京都文京区 道路沿いの工事現場の金属製の囲いにとまっていた小型のカメムシ。カメムシ目ヒメヘリカメムシ科ヒメヘリカメムシ亜科スカシヒメヘリカメムシ属のスカシヒメヘリカメムシだろうか。日本原色カメムシ図鑑第3巻に載っている…

ミドリハガタヨトウ

撮影: 2016年12月6日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた灰色のガ。よく見ると所々に緑色の鱗粉がある。チョウ目ヤガ科モクメキリガ亜科モクメキリガ族Belosticta属のミドリハガタヨトウだ。日本産蛾類標準図鑑によれば、『年1化。10〜1…

オオツノカメムシ

撮影: 2016年12月5日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの歩道にいたカメムシ。肩に、長く尖った赤いツノがある。カメムシ目ツノカメムシ科ツノカメムシ属(Acanthosoma属)のオオツノカメムシだ。腹部の先端にはさみがあるのでオス。日本原色カメムシ図鑑…

キクキンウワバ

撮影: 2016年12月3日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた茶色にゴールドの模様のあるガ。チョウ目ヤガ科キンウワバ亜科イチジクキンウワバ族Thysanoplusia属のキクキンウワバだ。背中が禿げてきているし模様も薄くなっているので、かな…

スジモンヒトリ

撮影: 2016年11月26日 東京都文京区 道路沿いの石垣にとまっていた白地に黒い点のあるガ。チョウ目ヒトリガ科ヒトリガ亜科Spilarctia属のスジモンヒトリの様だ。日本産蛾類標準図鑑によれば、『年2化。4〜6月と7〜9月に出現する。』となっており、11月後半と…

チャハマキ ♂

撮影: 2016年11月25日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた茶色っぽいガ。チョウ目ハマキガ科ハマキガ亜科カクモンハマキガ族Homona属のチャハマキの様だ。2014年6月18日にメスを載せているが、これはオス。オスの前翅の付け根付近には前縁ひだ…

ヒメヨコバイの一種

撮影: 2016年11月23日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていたヒメヨコバイ。全体が薄い緑色で、頭部や胸部は黄色がかっており、これといった模様は無い。カメムシ目ヨコバイ科ヒメヨコバイ亜科だが、それ以上は判らない。体全体が薄緑色のヒメヨ…

クワコ

撮影: 2016年11月18日 埼玉県朝霞市 川沿いの遊歩道にあるコンクリートの壁にとまっていたガ。チョウ目カイコガ科Bombyx属のクワコだ。ネット上の図鑑によると、『本種はカイコの野生型とみなされ, カイコとの雑種は容易に造ることができ, F1は妊性がある.』…

アシブトヒメハマキ ♀

撮影: 2016年11月16日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた丸い模様が目立つガ。チョウ目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科シンクイヒメハマキガ族Cryptophlebia属のアシブトヒメハマキの様だ。オスとメスで斑紋が違い、これはメスの斑紋。肉眼…

ミヤマカメムシの一種

撮影: 2016年11月13日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀を歩いていた茶色っぽい小型のカメムシ。脚は緑色。カメムシ目カメムシ科カメムシ亜科ミヤマカメムシ属の様だが、種名は不明。山地に棲むミヤマカメムシによく似ているが、腹部に違いがあり別種とさ…

ホシカメムシ科Pyrrhocorisの一種

撮影: 2016年11月12日 東京都文京区 工事現場の金属製の囲いにとまっていた焦げ茶色のカメムシ。カメムシ目ホシカメムシ科Pyrrhocoris属のフタモンホシカメムシかクロホシカメムシだが、どちらか判らない。腹面を見れば区別できる様だが、カメムシを触ると手…

フタテンナカジロナミシャク

撮影: 2016年11月10日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていたガ。かなり模様が薄くなっている。チョウ目シャクガ科ナミシャク亜科Dysstroma属のフタテンナカジロナミシャクだろうか。東京で記録されている種だし、時期も合っているので良さ…

キバラモクメキリガ

撮影: 2016年11月8日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた小枝っぽいガ。チョウ目ヤガ科キリガ亜科キリガ族Xylena属のキバラモクメキリガだ。秋に羽化し、成虫で越冬する。写真の様に、翅を丸くしてとまっている事が多い。都心部でも結構…

ウラギンシジミ ♀

撮影: 2016年11月4日 東京都港区 公園の木の葉にとまって翅を広げているチョウ。チョウ目シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科ウラギンシジミ属のウラギンシジミだ。翅の模様が白いのでメス。オスは、オレンジ色の模様がある。名前の通り、翅の裏側は全面が銀色…

ナミテンアツバ ♀

撮影: 2016年11月3日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた薄茶色の三角形のガ。濃い色の真直ぐな線がある。チョウ目ヤガ科アツバ亜科Hypena属のナミテンアツバだ。2014年11月28日にオスを載せているが、これはメス。オスは地色と同じ色の細く目…

ナミシャク亜科Photoscotosiaの一種

撮影: 2016年11月3日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀にとまっていたガ。かなり鱗粉が薄くなり、傷が付いている。しわもある様に見える。チョウ目シャクガ科ナミシャク亜科Photoscotosia属のネグロウスベニナミシャクかオオネグロウスベニナミシャ…

アカウラカギバ

撮影: 2016年11月2日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた白っぽい薄茶色のガ。翅の先が尖っている。チョウ目カギバガ科カギバガ亜科Hypsomadius属のアカウラカギバの様だ。本州での分布は宮城県以南となっているので東京都も含まれるが、記録…

ワタヘリクロノメイガ

撮影: 2016年10月30日 東京都文京区 道路沿いの金属製の塀にとまっていた焦げ茶色と白のガ。チョウ目ツトガ科ノメイガ亜科ヒゲナガノメイガ族Diaphania属のワタヘリクロノメイガだ。珍しい種ではない様だが、都心部では余り見かけない。幼虫は、アオイ科のワ…