読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ムラサキサギゴケ

撮影: 2017年4月14日 東京都港区 薄紫色の花をつけるムラサキサギゴケ。名前にコケと付いているがコケの仲間ではなく、ハエドクソウ科サギゴケ属に属する。ゴマノハグサ科としている情報もあるが、ここではWikipediaに従ってハエドクソウ科とした。匍匐茎で…

キランソウ

撮影: 2017年4月14日 東京都港区 春、小さな紫色の花をつけるキランソウ。ジゴクノカマノフタとも呼ばれる。シソ科キランソウ属の植物だ。小さいので気付き難いが、注意してみると結構見かける。薬草とされ、検索してみると効果のあるものとして鎮咳、去淡、…

ゲンノショウコ

撮影: 2016年9月9日 東京都港区 緑の中に咲く白い花。フウロソウ科フウロソウ属のゲンノショウコだ。花の左にはっきり写っている葉は別の植物のもので、右にある少し判り難いのがゲンノショウコの葉。健胃・整腸作用を持つ薬草として知られる。花は、白いも…

ハルシャギク

撮影: 2016年6月20日 東京都稲城市 多摩川の川原に咲き乱れている黄色い花。中心部分は赤っぽい茶色。キク科ハルシャギク属のハルシャギクの様だ。ジャノメソウとも呼ばれる。北アメリカ原産の帰化植物で、明治時代初頭に日本に入ってきたらしい。都心部では…

ネジバナ

撮影: 2015年6月25日 東京都港区 公園内の道沿いの雑草の中に生えていたピンクの花。ラン科ネジバナ属のネジバナだ。花が小さいので目立たないが、芝生や草の中でよく見かける。茎の回りに巻き付く様に花を付けるのが一般的だが、一方向に真直ぐ花を付けてい…

モモイロヒルザキツキミソウ

撮影: 2015年6月25日 東京都港区 公園の道のそばに咲いていたピンクの花。アカバナ科マツヨイグサ属のモモイロヒルザキツキミソウだ。白や淡いピンクのものは単にヒルザキツキミソウと呼ばれ、写真の様にはっきりしたピンクのものは、モモイロと付けて呼ぶ事…

ユウゲショウ

撮影: 2015年6月25日 東京都港区 公園の道沿いの草の中に咲いていたピンクの花。アカバナ科マツヨイグサ属のユウゲショウだ。アカバナユウゲショウと呼ばれる事もある。原産地は北アメリカ南部で、明治時代に観賞用に輸入されたものが野生化した。公園の隅や…

ハキダメギク

撮影: 2015年6月23日 東京都新宿区 近所の小さな公園の隅に咲いていた、黄色と白の花。キク科コゴメギク属のハキダメギクだ。帰化植物で、侵入生物データベースによると自然分布は北アメリカになっているが、Wikipediaでは熱帯アメリカ原産になっている。牧…

イモカタバミ

撮影: 2015年6月15日 東京都新宿区 公園の片隅に咲いていたピンクのカタバミ。カタバミ科カタバミ属のイモカタバミだ。6月13日に載せたムラサキカタバミに似ているが、花の中心部分は濃い赤紫色。ムラサキカタバミに比べて花の数が多く色が鮮やかなので、華…

ムラサキカタバミ

撮影: 2015年6月11日 東京都新宿区 公園の道路脇に生えていたピンクのカタバミ。カタバミ科カタバミ属のムラサキカタバミだ。南アメリカ原産の帰化植物で、要注意外来生物。文久年間に観賞用として導入されたものが広まったらしい。公園の隅や遊歩道などでよ…

キキョウソウ

撮影: 2014年6月23日 東京都豊島区 細い通路沿いの雑草の中に咲いていた紫色の花。キキョウ科キキョウソウ属のキキョウソウだ。この時期、道端の草の中に咲いているのを見かける。北アメリカ原産の帰化植物で、観賞用として導入されたものが広まったらしい。…

ドクダミ (八重)

撮影: 2014年5月29日 東京都新宿区 公園で見かけたドクダミ。ドクダミ科ドクダミ属の植物だ。花びら(正確には総苞)が4枚のものが一般的だが、これは八重咲き。この一画だけ八重咲きのものが生えている。毎年、ここで見る。多年草なので、毎年同じ株が八重の…

ケシ

撮影: 2014年5月14日 東京都小平市 ケシ科ケシ属の植物。あへん法で栽培が禁止されている種だ。東京都薬用植物園では二重の囲いの中で栽培されており、5月中旬の開花の時期だけ外側の囲いの中に入る事ができる。内側の囲いの中に入る事は出来ず、手を伸ばし…

タチツボスミレ

撮影: 2014年4月2日 東京都文京区 道路沿いのコンクリートの塀の隙間に生えていたスミレ。スミレ科スミレ属のタチツボスミレだ。薄紫色の花とハート型の葉に特徴がある。都心部にはこのスミレが一番多い様に感じる。これ位花が付いていると華やかでいい。写…

スミレ

撮影: 2014年3月29日 東京都豊島区 道端に咲いていた紫色の花。スミレ科スミレ属のスミレの様だ。スミレといった場合、野生のスミレ属の植物全体を指す事が多いが、スミレという種もある。誤解を防ぐために、種名のスミレはホンスミレやマスミレ、或いは学名…

キュウリグサ

撮影: 2014年3月29日 東京都豊島区 この時期よく見かける、薄い水色の小さな花。道路沿いや空き地など、土があるところなら大抵生えている。よく見ると、花びらが水色で、中心部分は黄色い事が判る。ムラサキ科キュウリグサ属のキュウリグサだ。葉をもむとキ…

ツクシ

撮影: 2014年3月23日 東京都新宿区 春の代表的な植物の一つにツクシがある。誰でも知っている植物だが、都心部では余り見かけない。といっても無い訳ではなく、かなりの量が生えている場所もある。大量のツクシを見ると、持ち帰って食べたくなるが、生えてい…

ホトケノザ

撮影: 2014年3月16日 東京都新宿区 公園の隅の雑草の中に咲いていたピンクの花。シソ科オドリコソウ属のホトケノザだ。春の早い頃、他に咲いている花が少ない時期に、比較的大きめの花をつけるので目に付く。ここ数年で増えた様な気がするが、気のせいかもし…

ツルボ

撮影: 2013年8月31日 東京都港区 草むらの中から茎を伸ばして、ピンクの花が咲いている。ユリ科ツルボ属のツルボだ。毎年、夏の終わりごろに見かける野草だ。日本全国に分布し、腰痛や打撲傷に効く薬草であるだけでなく、根は食用になるとの事。 この植物の…