あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

場所

茂林寺沼

撮影: 2017年9月14日 群馬県館林市 分福茶釜で有名な茂林寺のそばにある茂林寺沼。沼の周りには湿原が広がり、『茂林寺沼及び低地湿原』として1960年3月に群馬県の天然記念物に指定された。水は濁っていて、魚の姿は見えない。遊歩道や木道沿いの浅い場所で…

海老名駅前

撮影: 2017年9月11日 神奈川県海老名市 小田急線と相鉄線が接続する海老名駅。駅前には、ビナウォークというエリアが広がっている。明るくて派手な色使いのせいか、他の駅前とはちょっと違った雰囲気になっている。JR相模線の海老名駅は少し離れているが連絡…

大宮第三公園

撮影: 2017年8月24日 さいたま市大宮区 大宮第三公園にある野鳥観察舎ののぞき窓から見たみぬまの沼。暑いせいか、鳥の姿は見えない。観察している人もいない。大宮公園、大宮第二公園、大宮第三公園は近い位置にあって、歩行者専用道路や歩道橋でつながって…

見次公園

撮影: 2017年8月22日 東京都板橋区 都営三田線の志村坂上駅から、一里塚通りを少し歩いたところにある公園。湧水でできた広い池があり、ボートが浮かんでいる。池の水は緑色で底は見えないが、コイが泳いでいるのが見える。

浦和うなこちゃん

撮影: 2017年8月3日 さいたま市南区 別所沼公園にある『浦和うなこちゃん』の石像。うなこちゃんはやなせたかし作のマスコットキャラクターで、さいたま観光大使にもなっている。浦和駅西口にも設置されているが、それに比べるとかなり小さい。駅前の像と同…

別所沼

撮影: 2017年8月3日 さいたま市南区 埼京線の中浦和駅の東にある沼。京浜東北線などの浦和駅からも歩けるが、20分位かかる。古くからある沼らしいが、護岸はコンクリートで固められ噴水も設置されているので、沼というより池に見える。沼を中心として周囲が…

東埼橋

撮影: 2017年7月19日 東京都練馬区 白子川にかかる東埼橋。『とうさいばし』と読む。名前から想像できる通り、東京都と埼玉県の間にかかる橋だ。写真の右側が埼玉県和光市、左側が東京都練馬区になる。橋を通っている道路は埼玉県道109号新座和光線、通称旧…

新勝寺表参道

撮影: 2017年6月5日 千葉県成田市 千葉県成田市成田1番地にある成田山新勝寺。本尊は不動明王で、開山は940年(天慶3年)。写真は、新勝寺に向かう表参道で、坂を下った所に総門がある。道の両側には、土産物店や飲食店が並ぶ。初詣の人出は、年によって若干変…

水郷田名バス停

撮影: 2017年5月30日 相模原市中央区 神奈川中央交通バス、通称神奈中バスの停留所。相模原駅南口から『相17 水郷田名行き』に乗ると、ここに着く。近くを相模川が流れている。ここから相模原駅南口行きは、平日の日中でも30分に1本出ているので、発車時刻を…

風韻器1

撮影: 2017年5月29日 埼玉県吉川市 たまたま通りがかった吉川美南駅近くの美南3丁目第2公園で見かけたモニュメント。Windowsのスクリーンセーバーにあった3Dパイプを思わせるものに、歪んだ漏斗の様なものが付いている。調べてみると、風の声を聴くための大…

清水山の森

撮影: 2017年5月22日 東京都練馬区 練馬区大泉町の、清水山の森にある湧水。『東京の名湧水57選』に選ばれている。中途半端な数字だが、あと43箇所も無いし、7箇所を外す事も出来ないのだろう。湧き出した水は、近くを流れる白子川に注ぐ。ここには23区唯一…

甲斐の猿橋

撮影: 2017年4月24日 山梨県大月市 桂川にかかる橋。中央本線の猿橋駅から少し歩いた所にある。最初に架けられた時期ははっきりしない様だが、推古帝の頃(600年頃)に造られたという記録があるらしい。現在の橋は1984年に架け替えられたもので、嘉永4年(1851…

東埼玉資源環境組合第一工場

撮影: 2017年4月10日 埼玉県越谷市 埼玉県越谷市にある、東埼玉資源環境組合の第一工場。武蔵野線の越谷レイクタウン駅から煙突が見えるので、煙突を目指して歩けばたどり着ける。東埼玉資源環境組合は、埼玉県東南部地区の5市(越谷市、草加市、八潮市、三郷…

松見公園

撮影: 2017年3月16日 茨城県つくば市 つくば市にある松見公園。つくばエクスプレスの終点、つくば駅から中央公園を抜けて少し歩いたところにある。池のそばにある、特徴のある形の展望塔が目を惹く。塔の高さは45m。地元では、栓抜き塔と呼ばれているらしい。

穴八幡宮

撮影: 2016年12月31日 東京都新宿区 早稲田通りと諏訪通りが合流する馬場下町交差点にある穴八幡宮。創建は1062年とされる。冬至から節分までの間、『一陽来復御守』が領布されるので多くの人で賑わう。このお守りは、冬至、大晦日、節分のうちどれかの夜中…

五色桜大橋

撮影: 2016年12月30日 東京都足立区 首都高速中央環状線にある五色桜大橋。下を流れているのは荒川。道路が上下2段になっている。Wikipediaによれば、『世界初の2層構造のダブルデッキニールセンローゼ橋』との事。開通は、2002年12月25日。高速道路なのでど…

碑文谷池

撮影: 2016年12月28日 東京都目黒区 目黒区立碑文谷公園の中にある碑文谷池。公園にある地図を見ると、弁天池となっているものもある。立会川の水源で、江戸時代には将軍の鷹狩り場であり、その後は下流一帯の水田灌漑に利用されたらしい。今は周囲がコンク…

彩湖

撮影: 2016年12月21日 埼玉県戸田市 埼玉県南部、荒川の東側にある彩湖。荒川第一調節池の一部だ。正確に言うと、荒川第一調節池にある貯水池の名前が彩湖という事になる。国土交通省が管理する調節池で、ダムカードも配布している。幸魂大橋が彩湖、荒川、…

矢切の渡し

撮影: 2016年12月19日 東京都葛飾区 江戸川にある矢切の渡し。葛飾区柴又と松戸市の矢切を結んでいる。運賃は大人片道200円。写真は葛飾区側で、柴又公園の一角にある。江戸時代初期から続いていて、都内に唯一残る渡し船との事。東急多摩川線の蒲田駅の隣に…

洗足池

撮影: 2016年12月12日 東京都大田区 大田区にある洗足池。湧水池だ。東急池上線の洗足池駅のすぐそばにあるので判り易い。東急目黒線の洗足駅からはかなり離れている。中央少し左寄りに見える赤い建物は、弁天島にある洗足池弁財天だ。池の周りに遊歩道があ…

天王洲ふれあい橋

撮影: 2016年12月2日 東京都港区 港区港南と品川区東品川の間にある天王洲ふれあい橋。品川駅から天王洲アイルに歩いて行く場合、この橋を渡るのが一番近い。この橋が出来るまでは、新東海橋を渡るか、東京海洋大学(当時は東京水産大学)の周囲を回る必要があ…

伊能測量200年記念 伊能忠敬像

撮影: 2016年11月30日 東京都江東区 富岡八幡宮の参道にある伊能忠敬像。2001年10月に建てられた。『寛政12年(1800年)閏4月19日(陽暦6月11日) 55歳の伊能忠敬は、この地から全国測量の旅に出発しました。』と書いてある。2001年10月以降に何度か来ている場所…

花園神社大酉祭

撮影: 2016年11月23日 東京都新宿区 新宿にある花園神社の大酉祭。写真は明治通り側の表参道で、提灯が並んでいる向こう側に大鳥居がある。靖国通り側にあるのは南参道だ。今年は一の酉が11月11日、二の酉が11月23日。本祭の他、前日には前夜祭が行われる。

浜崎黒目橋

撮影: 2016年11月18日 埼玉県朝霞市 黒目川にかかる浜崎黒目橋。東武東上線の車内からも見える。特徴のある形なので、一度見たら忘れない。人と自転車の為の歩道橋で、1999年2月に完成した。形式はPC中空床版アーチ橋、建設は三井住友建設。黒目川は、目黒川…

初代江戸家猫八の墓

撮影: 2016年11月12日 東京都豊島区 雑司ヶ谷霊園にある初代江戸家猫八の墓。1868年に生まれ、1932年に死去。初代江戸家猫八の六男が三代目江戸家猫八、その長男が四代目江戸家猫八になる。最も有名なのは三代目江戸家猫八で、NHKテレビの『お笑い三人組』な…

あゆみ橋

撮影: 2016年8月13日 神奈川県厚木市 相模川にかかるあゆみ橋。写真の左側が厚木市、右側が海老名市になる。1996年2月1日に開通した、比較的新しい橋だ。モダンでライトなデザインに仕上がっている。この橋が出来る前には沈下橋があり、更に古い時期には相模…

最上川

撮影: 2016年8月5日 山形県米沢市 米沢市内を流れる最上川。米沢市の吾妻山付近が源で、酒田市で日本海に注ぐ。源から河口まで、山形県内を流れる。この辺りは上流なので川幅が狭く、水が澄んでいる。松尾芭蕉の奥の細道に出てくる、『五月雨をあつめて早し…

是政橋

撮影: 2016年6月20日 東京都稲城市 多摩川にかかる是政橋。北側(写真奥)が府中市、南側(写真手前)が稲城市で、府中街道が通っている。2本の橋が並んだ構造になっていて、最初に上流側の橋が架けられ、その後下流側にもう1本架けられた。車道4車線で、広い歩…

日本経緯度原点

撮影: 2016年5月13日 東京都港区 港区のロシア大使館近くにある日本経緯度原点。国内の経度・緯度を決める基準となる場所だ。写真の平らな石の中央に丸い金属が埋め込まれていて、中心に十字が彫ってある。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による地殻変…

日本水準原点標庫

撮影: 2016年5月12日 東京都千代田区 千代田区永田町1丁目1番の国会前庭洋式庭園にある日本水準原点標庫。国内の標高は、東京湾平均海面を基準として表すが、地上に基準となるものが必要になる。この建物の中にある台石に取付けた水晶版の目盛りの零線の中心…