あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

浦和美園駅

f:id:akebo-nobashi:20171020183001j:plain

撮影: 2017年10月20日 さいたま市緑区

埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線の終点、浦和美園駅東京メトロ南北線東急目黒線とつながっていて、浦和美園駅日吉駅の間で直通運転をしている。南北線からずっと地下を走るが、浦和美園駅の直前で地上に出る。南北線の目黒駅・飯田橋駅間は結構混んでいるが、赤羽岩淵駅を過ぎて埼玉高速鉄に入るとガラガラになる。

学園前駅

f:id:akebo-nobashi:20171012195115j:plain

撮影: 2017年10月12日 千葉市緑区

京成電鉄千原線学園前駅。名前だけだと、どこにあるのか見当が付かない駅だ。札幌市営地下鉄東豊線近鉄奈良線にも同じ名前の駅があるので、Wikipediaでは『学園前駅 (千葉県)』と、県名を付けて区別している。写真に写っている電車は津田沼行き。単線だが、日中は20分に1本電車が走っていて結構便利だ。

この駅があるのは千葉市緑区だが、緑区横浜市相模原市さいたま市名古屋市にもある。郊外の、緑が多い地域というイメージだろうか。群馬県には、みどり市というのもある。日本人が好きな色なのだろう。

大百池

f:id:akebo-nobashi:20171012182548j:plain

撮影: 2017年10月12日 千葉市緑区

千葉市緑区おゆみ野にある大百池。『おおどいけ』と読む。今は公園になっているが、かつては溜池として利用されていたとの事。慶安五年(1652年)には存在していた事が確認されている様だ。水は濁っていて底が見えないが、深くはなさそう。時々コイが泳いでいるのが見える。遠くを見るときれいだが、足元の水辺はかなり汚れている。写真に写っている高架は、京成電鉄千原線だ。

コミスジ

f:id:akebo-nobashi:20171011181507j:plain

撮影: 2017年10月11日 東京都新宿区

公園の草の葉にとまっていた、濃い茶色の地に白い模様のあるチョウ。チョウ目タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科ミスジチョウ属(Neptis)のコミスジだ。よく見かけるし、ゆっくり飛んですぐにとまるので写真に撮り易そうだが、近付くとすぐに逃げてしまう。今日は気温が低いせいか、近付いても逃げなかった。幼虫は、クズ、ハギ、フジなどマメ科植物を食べる。

アオモンイトトンボ

f:id:akebo-nobashi:20171010181713j:plain

撮影: 2017年10月10日 東京都世田谷区

公園の親水テラスに生えた草の葉にとまっていたイトトンボ。トンボ目イトトンボ科アオモンイトトンボ属(Ischnura)のアオモンイトトンボの様だ。水の近くに行けばイトトンボをよく見かけるが、なかなか写真に撮る機会が無い。このブログでは、過去に一度も載せていなかった。